FC2ブログ

対米追随政治の原点

 日米防衛協力指針(1978年,1997年,2015年)とその素案とも言うべき1~3次のアーミテージ・ナイ報告書,米政府の日本に対するいわゆる年次要望書などを見れば,今回の安全保障法案はもちろんの事,防衛大綱,武器輸出三原則の骨抜き,秘密保護法,原子力発電所の輸出, TPP,郵政民営化など,日本の政策のほとんどが米国の指示・要望に沿って行われていることが明白だ.2015年日米防衛協力指針(いわゆる新ガイドライン)には「軍軍間の調整所」が設置されることになっているが,軍事力の圧倒的格差,兵器の共通性,情報の格差,戦争経験の差などを考えれば,個別的/集団的自衛権を問わず,有事には自衛隊が米軍の一部として米軍の指揮の下に行動することになることは,明らかだ.
  事力を他国の軍隊の指揮の下に置くことは,究極の国家的従属関係だが,日本政府はなぜ主権を放棄するのか,しかも自発的に.あまりにも奇怪で理解に苦しむのだが,この歪んだ性向の原点は米国占領下での日米関係に遡るらしい.以下に孫崎享著『戦後史の正体』(創元社)から抜粋する.

1.戦争犯罪人処理に関わる動き
 1945年9月2日のミズリー号での降伏文書調印の後,戦争犯罪人の処理が米国の重要関心事の一つであった.この事にまつわる状況は『続 重光葵手記』にある(重光葵は当時の外務大臣).
・「戦争犯罪人の逮捕問題が発生してから,政界,財界などの旧勢力の不安や動揺は極限に達し,とくに閣内に居た東久邇宮首相や近衛大臣などは,あらゆる方面に手をつくして,責任を免れようと焦り,いらだつようになった」
・「最上級の幹部達が頻繁にマッカーサーのもとを訪れるようになり,みな自分の立場の安全を図ろうとしている」
・「最近の朝日新聞をはじめとする各新聞の媚びへつらいぶりは,本当に嘆かわしいことだ」
・「どれも理性を喪失した占領軍に対する媚びへつらいであり,口にするのもはばかられるほどだ」
・「(東久邇宮内閣の総辞職を受け)幣原内閣は昭和20年10月9日に成立した.その(組閣)計画は吉田外務大臣が行った.吉田外務大臣は,いちいちマッカーサー総司令部の意向を確かめ,人選を行った.残念なことに,日本の政府はついに傀儡政権となってしまった」

2.GHQに追随する吉田茂首相
 ウィロビー著『知られざる日本占領 ウィロビー回顧録』から引用.
 (ウィロビーが帝国ホテル社長の談話という形式で書いていることに留意)
「ウィロビー(GHQ参謀第二部(G2)部長で諜報・保安・検閲担当.後にスペイン独裁者フランコの顧問)は大変吉田びいきだったねえ.帝国ホテルのウィロビーの部屋へ,吉田さんは裏庭から忍ぶようにやって来たりしたよ.裏階段を登ってくる吉田さんとバッタリということが何度かあったな.・・・・あの頃は,みんな政治家は米大使館(マッカーサーの宿舎)には行かず,ウィロビーのところで総理大臣になったり,あそこで組閣したりだった」

3.進駐軍のための『特殊慰安所』設置
 半藤一利著『昭和史』(平凡社)を引用
「進駐軍にサービスするための『特殊慰安施設』が作られ,すぐに『慰安婦募集』がされました.いいですか,終戦の三日目ですよ」
「池田さん(当時大蔵官僚で後に首相となる池田隼人)の『いくら必要か』という質問に野本さん(特使慰安施設協会副理事長)が『一億円ぐらい』と答えると,池田さんは『一億円で純潔が守られるなら安い』といわれた」.
「慰安施設には27日には大森で開業し,1,360名の慰安婦がそろっていたと記録に残っています」

 こうした状況について,重光は以下のように書いている(『続 重光葵手記』より).
「結局,日本民族とは,自分の信念を持たず,強者に追随して自己保身をはかろうとする三等,四等民族に堕落してしまったのではないか」
「節操も無く,自主性も無い日本民族は,過去においても中国文明や欧米文化の洗礼を受け,漂流していた.そうして今日においては敵国からの指導に甘んじるだけでなく,これに追随して歓迎し,マッカーサーをまるで神様のように扱っている.その態度は皇室から庶民に至るまで同じだ」
「はたして日本民族は,自分の信念を持たず,支配的な勢力や風潮に迎合して自己保身を図ろうとする性質を持ち,自主独立の気概も無く,強い者にただ追随いして行くだけの浮草のような民族なのだろうか.いや,そんなことは信じられない.いかに気持ちが変化しても,先が見通せなくても,結局は日本民族三千年の歴史と伝統がものをいうはずだ.必ず日本人本来の「自尊心」が出てくると思う」

 これを受けて孫崎は,
「日本は今,重光の期待した「自尊心」を取り戻したのでしょうか.終戦直後には,重光のような人物がわずかながら日本の社会に存在していました.今日,日本の政治家で重光のような矜持をもつ人はいるでしょうか.事態は終戦直後よりもはるかに悪くなっているのです」と書いている.

 サンフランシスコ講和条約締結で日本が独立した後も,吉田茂が首相の座を占め続け,その対米追随路線は池田隼人,佐藤栄作,中曽根康弘,小泉純一郎,そして安倍晋三へと引き継がれている.
スポンサーサイト



プロフィール

大槻憲四郎

Author:大槻憲四郎
私は数年前に大学を退職した地学の研究者ですが、その後も研究を続行している初老です。
研究が趣味みたいなもので、一種の偏執狂かなー
70年近く生きて来ましたが、常に中心からはずれた所を歩いて来たように思います。そのような変な人間の目から見ても、今の世の中はこれまでになかったほど変だと感じます。どう変なのか、どう理解し、考えをどう変えたらいいのか・・・・知恵を出し合って考えましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR