FC2ブログ

東通原発敷地内活断層評価に関するコメント(その10)をアップ

 東通原発敷地内活断層を評価する有識者会合は,昨年12月末の第12回評価会合を最後に終了し,今年3月25日開催の第65回原子力規制委員会に最終的な評価報告書を提出した.主要断層2本を活断層と認定したが,肝心の原子力発電所建屋直下にある2本の小断層に関しては,活断層の可能性があるという意見と“岩盤の劣化膨張”による現象の可能性があるというような両論併記であった.2015/6/11付の河北新報記事によれば,これを受け,東北電力は再稼働の時期を1年ほど延期する方針を固めたらしい.
 評価会合があれよあれよという間に終了してしまったので,肝心の原子力発電所建屋直下の2本の断層に関するコメントを有識者会合に提出する機会を逸してしまった.これを正しく評価するために必要なことの一つは板曲げという基礎力学のひとつを理解しておくことで,問題となっていた「下方に延びない第四系中の裂罅・小正断層」の成因を解くことができる.東北電力はこれら2つの断層とそれに付随する変形を再現するために有限要素法数値シミュレーションを行ったが,その結果を正しく理解することが,もうひとつの必要なことである.
 私の分析では,2つの論点とも東北電力の主張とは真逆になりました.この検討結果をコメント(その10)として私のホームページhttp://aobatotoro.info/にアップしたので,興味のある方は訪れてみて下さい.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大槻憲四郎

Author:大槻憲四郎
私は数年前に大学を退職した地学の研究者ですが、その後も研究を続行している初老です。
研究が趣味みたいなもので、一種の偏執狂かなー
70年近く生きて来ましたが、常に中心からはずれた所を歩いて来たように思います。そのような変な人間の目から見ても、今の世の中はこれまでになかったほど変だと感じます。どう変なのか、どう理解し、考えをどう変えたらいいのか・・・・知恵を出し合って考えましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR