FC2ブログ

福島第一原発から放出された放射性セシウム微粒子

CsMP

福島の原発から放出された放射性セシウム:対応の見直し必要

 福島第一から放出されたCs-134とCs-137の総量は,それぞれ10の16乗 Bq(ベクレル)程度と見積もられている.環境省の放射性廃棄物に関する各種委員会の大迫政浩国立環境研教授などは,これらのセシウムが主に塩化物CsClとして存在していると考えた.ところが最近,Csの9割は亜鉛・鉄の酸化物のナノ微粒子の表面に付着し,石英ガラスがそれらを糊づけし,1μm程度の微粒子(マイクロパーティクル:CsMPと略記)となっていることが明らかにされた(Furuki, G. et al., 2017, Scientific Reports, 7, 42731; Imoto, J. et al., 2017, Scientific Reports, 7, 42118).これら2論文の研究結果の要旨を共著者の宇都宮聡氏が日本地球惑星科学連合ニュースレターv.13のno.3に紹介している(下の図はその一部).
 CsClは典型的な極性分子であり,水に溶け易い.大迫氏らは,CsClが焼却炉の中のような高温(850℃)ではガスとして存在し,焼却炉からの出口付近のような低温(200℃以下)では煤塵に付着して存在すると考えていた.焼却炉のバグフィルターで99.9%除去できるとされ,8,000Bq/kg以上の指定廃棄物もそれ以下の廃棄物も,焼却処分するというのが環境省の方針であった.モンモリロナイトへの吸着処理も,CsClが水溶性だから可能なわけである.しかし,セシウムが水に溶けにくい1μmもの大きさのCsMPとして存在していると分かった今,放射性セシウム汚染廃棄物の処理方法は,根本的な再検討が迫られている.
 もう一つ重要な事は,汚染廃棄物の放射能は低いのだが,それに含まれるCsMPの放射能は著しく高く,10の11乗Bq/gほどに達するということである.そのような微粒子が吸引されて気管支や肺胞に付着すれば強い内部被曝をもたらし,癌発生の危険性が高い.


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大槻憲四郎

Author:大槻憲四郎
私は数年前に大学を退職した地学の研究者ですが、その後も研究を続行している初老です。
研究が趣味みたいなもので、一種の偏執狂かなー
70年近く生きて来ましたが、常に中心からはずれた所を歩いて来たように思います。そのような変な人間の目から見ても、今の世の中はこれまでになかったほど変だと感じます。どう変なのか、どう理解し、考えをどう変えたらいいのか・・・・知恵を出し合って考えましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR