FC2ブログ

自由競争のゴールとDLA

自由競争のゴールとDLADiffusion-Limmitted Aggregation:拡散律速凝集)

 自由競争とグローバリゼーションは色々な問題を引き起こしている。競争という言葉は古くから使われてきたが、今日のように頻繁に重みを持って話されるようになったのは最近のことだ。それが市場原理主義とグローバリゼーションの跋扈と密接に結びついていることは、誰もが指摘している。ところが自由競争は十分に科学されてこなかったようだ。生物界には多種多様な競争が知られている。無生物界にも競争がある。その最も単純なものがDLA(Diffusion-Limmitted Aggregation: 拡散律速凝集)である。私は地学の研究者で、断層集団の進化の研究をやったことがあるが、これを支配するのもDLAの一種だ。

 まあ簡単に言えば、次のようなものだ。
空からエネルギーの雨粒がランダムウォークしなから降ってくる。裸の地面には木の種がばらまかれている。たまたま真っ先に雨粒を拾った種が芽を出す。だんだんたくさんの芽が出て成長する。他より早く成長した木はより広く枝を広げるので、その分たくさんの雨粒を獲得して成長する。その木陰になった小さな木は、大きな木の枝の隙間から稀に落ちてくる雨粒しか獲得できないので、成長が遅れる。こんなプロセスが繰り返されると、少数の大きな木の下には少し多数の中ぐらいの大きさの木が、さらにその下には小さな多数の木が・・・・という感じのヒエラルキー(階層性)が出来あがる(下図 T.Vicsec著「フラクタル成長現象」より)。行き着く先は一人勝ちの世界だ。木々のサイズ分布はべき乗則に従い、フラクタル集団を作る。
DLA


 いろいろな複雑なこともあろうが、市場原理主義というのも基本的にはこんなに単純なものだ。このように単純な競争原理がグローバル化したのだから、グローバルなスケールで階層化が急速に進んだ。これを推進したいのは、エネルギーの雨粒ををグローバルなスケールで独り占めできる最上位の階層の者、すなわち米国であるのも当然だ。業種で言えば世界的な金融機関である。
 競争に打ち勝つには技術革新だ、在庫管理だ・・・・ 商品の価格は低下して価格破壊、消費者の喜びもつかの間で、リストラと賃金カットなどが続く。規制緩和で非正規労働者が増加し、子供も作れないし、結婚も出来ない。企業は労働の再生産さえ放棄して競争にひた走ることになる。それだけでも足りない。ヒモ付きの政治家達は、有望企業に注ぎ込む資金を下位の階層から税金として取りたてる。必然的に国力は衰える。このありさまは、まるで自分のしっぽを食いはじめた蛇アウロボロス(下図)のようにグロテスクだ。
Ouroboros

 行き着く先が目に見えているのに、なぜグローバル市場原理主義にストップをかけないのか。人間は、ハーメルンの笛吹き男の不思議な音色に誘われて次々とウェーザー川に飛び込むネズミと同じなのだろうか。企業にとって、競争からの中途棄権は負け組への仲間入りを意味するので、止めるに止められない。これはヒモ付きの政治家も同様で、一部は正しい。しかし、それだけではなかろう。最後まで勝ち組であり続けられる集団が居る。言うまでもなく世界的金融業だ。

2013/01/25
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大槻憲四郎

Author:大槻憲四郎
私は数年前に大学を退職した地学の研究者ですが、その後も研究を続行している初老です。
研究が趣味みたいなもので、一種の偏執狂かなー
70年近く生きて来ましたが、常に中心からはずれた所を歩いて来たように思います。そのような変な人間の目から見ても、今の世の中はこれまでになかったほど変だと感じます。どう変なのか、どう理解し、考えをどう変えたらいいのか・・・・知恵を出し合って考えましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR