FC2ブログ

不可解! 東通原発活断層評価書,生煮えのまま原子力規制委員会へ

 原子力規制委員会有識者会合による青森県東通原発(東北電力)の敷地内活断層評価作業が始まったのは,平成24年11月のことである.以来,26年12月まで12回の評価会合と4回の現地調査が行われ,評価報告書(案)が取り纏められた.最後の12回会合では,報告書はあくまで参考資料扱いに留まる旨事務方からダメ押しされた.平成27年2月にはそれがピア・レビューにかけられて正式の報告書となり,同年3月には第65回原子力規制委員会に提出された.何とも慌ただしい不可解な幕引きであった.
 私は,この2年余りの間,評価会会合を注視し続け,有識者らをアシストするために9通(70ページ余り)の純科学的コメントを送り続けた.敷地内には活断層と疑われる“第四系変状”なるものがあり,それらの数は観察地点の40%ほど達する.これは異常である.東北電力は“第四系変状”を風化・劣化に伴う岩盤の膨張で形成されたと主張した.しかし,彼らが唱える膨張のメカニズムは次々と破綻し,膨張の確かな証拠も提出できなかった.そのため,“第四系変状”が活断層ではないという東北電力の主張の根拠も崩壊した.そして,“第四系変状”が確かに活断層とそれに随伴する変形であるとみなして何ら不都合がないことも明らかにした(詳細は東通原発の活断層評価を参照のこと).
 しかし,有識者の中には物質科学や力学などの基礎知識を欠く委員も居たのに加え,それ以上に基礎知識が乏しい事務方が評価報告書の文案を作成したためか,大変不十分で締りのない報告になってしまった.最終責任は評価会合の石渡委員長にあるはずだが,これといったリーダーシップを発揮することもなく,生煮えのままの評価報告書を原子力規制委員会に提出したのである.なぜこのような経緯になったのか.誠に不可解である.またぞろ原子力ムラの動きが始まっているようだ.
 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大槻憲四郎

Author:大槻憲四郎
私は数年前に大学を退職した地学の研究者ですが、その後も研究を続行している初老です。
研究が趣味みたいなもので、一種の偏執狂かなー
70年近く生きて来ましたが、常に中心からはずれた所を歩いて来たように思います。そのような変な人間の目から見ても、今の世の中はこれまでになかったほど変だと感じます。どう変なのか、どう理解し、考えをどう変えたらいいのか・・・・知恵を出し合って考えましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR